社内インタビューvol.1 「仲山社長に聞く!ランプコアが掲げる”夢忠人”とは!?」

社内インタビューvol.1 「仲山社長に聞く!ランプコアが掲げる”夢忠人”とは!?」

語り手:仲山優太(代表取締役CEO) 以下仲山
インタビュアー:三浦祐輝(取締役会長) 以下 三浦

三浦:社長!社内インタビュー第1弾です!よろしくお願いします。

仲山:よろしくお願いします。

三浦:それではまず始めに当社が掲げている”夢忠人”についてお聞きしたいと思います。 ”夢忠人”とは一体何なのでしょうか?

仲山:”夢中”という言葉を皆さんご存知だと思うのですが、”夢忠”は夢を忠実に追いかけがむしゃらになるという意味を込めて作りました。弊社はこの夢を忠実に追いかけるスタッフを”夢忠人”と呼んでいます。

三浦:なるほど!夢に忠実な人という意味なんですね。どうして”夢忠人”を掲げようと思ったんですか?

仲山:僕自身も”夢忠人”の中の1人なのですが、僕は会社を始める前はどうしようもない人間でした。「会社をやってみたい」という思いはあったものの漠然としていました。でも諦めたくなくて、「会社をやる」という夢を”夢中”に”忠実”に追いかけました。 僕は人生を通して”夢忠”になれば夢は叶うと思っています。会社の皆にも”夢忠人”になって夢を追いかけて欲しいと願い”夢忠人”というスローガンを掲げました。

三浦:ありがとうございます。当社のミッションとして”夢が笑われない社会を作る”がありますが、これは一体なんなのでしょうか?

仲山:先程もお話しした様に僕も夢を追いかける少年の一人でした。しかし当時は計画性もスキルもなくて、僕が周りに相談をしたときには「出来るわけない」と沢山言われました。正直あの時の僕からしたら無謀な挑戦でした。行動する前に心が折れて夢を諦めてしまう方は多いと思います。 でも夢を諦めるって一生後悔しますよね。だから諦めてほしくない。そんな思いで”夢を笑われない社会を作る”をミッションとして掲げました。僕はランプコアを通して、あんなにどうしようもなかった僕でも世の中に貢献する企業を作ったと背中見せをして、夢を持つ人の希望になり夢が笑われない社会を作りたいと思っています。

三浦:手前味噌になってしまいますが当社のミッションは最高にカッコイイですよね(笑)社長が思う、ウチの社風に合う人材はどういう人でしょうか?

仲山:夢を持っている方はもちろん大歓迎なのですが、夢を持っていない方もランプコアを通して”夢忠人”になっていただければと思います。なので元気があり向上心のある方は学歴問わず大歓迎です!ぜひ一緒に夢を見ましょう。叶えましょう。

三浦:ありがとうございます。社長へのインタビューでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA